個人のお客様・消費者向けサイト

文字サイズ変更

背景色変更

運営法人向けサイトへ

03-3548-1077

月~金曜日(祝日、年末年始を除く)午前10時~午後5時

お問い合わせフォームのアイコン

メニュー

文字サイズ変更

背景色変更

※当サイトは、WebアクセシビリティJIS X 8341-3 (WCAG 2.0)に準拠しています。

入居あれこれ

元気なときに入居し、介護が必要になったら、住み替えを求められることはあるのでしょうか。

契約

入居後に介護が必要になった場合は、介護居室や提携ホームへの住み替えを求めるホームがあります。住み替えを行うことは重大な契約変更になりますので、有老協の「有料老人ホーム標準入居契約書」では次の手続きを定めています

①医師の意見を聴くこと

②本人及び身元引受人等の同意を得ること

③一定の観察期間を設けること

④契約内容に重大な変更が生じる場合は、その内容について入居者・身元引受人等に説明を行うこと

ホームを検討する場合は、①住み替えの可能性があるか、②その場合の手続きが入居契約書でどのように規定されているか、を確認してください。

また、住み替え先の居室内容や従来の居室の利用権の取扱い、居室面積が減少した場合の費用調整、追加費用の必要性、などについても確認が必要です。

 

この記事は参考になりましたか?